仙台育英が中盤の集中打で逆転勝ちした。0―3の五回2死から3長短打で2点。六回は連打で1死一、三塁とし、木村のスクイズで同点。さらに、水岡の適時打で勝ち越した。2番手の大栄がピンチで粘り、九回1死三...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ