星稜は福本がサヨナラ本塁打。1―1で延長十二回を終え、タイブレークへ。同点の十四回に、福本が左中間に3点本塁打を放った。奥川は150キロ台の真っすぐと鋭い変化球で23三振を奪った。3安打に抑えて、1...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ