八戸学院光星がサヨナラ勝ち。6―6の九回1死無走者から、2安打と四球で好機をつくり、下山の中前打で試合に終止符を打った。六回途中から3番手で登板した山田が粘り強い投球で抑え込んだ。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ