鶴岡東は二回、山路の適時打など6長短打を集めて5点を先制し、主導権を握った。八回に丸山のソロ本塁打などで3点。九回に丸山の2打席連続本塁打で1点を加えた。影山―池田の継投で、反撃をかわした。守備も無...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ