星稜が逃げ切った。二回に東海林の適時打で1点を先制。四回にも1点、六回には岡田の適時打などで3点を加えた。先発の荻原が低めを丁寧に突き、5回1安打無失点。六回途中からは3番手の奥川が2回1/3を2安...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ