高岡商が逃げ切った。四回に藤井と荒井の適時打で2点を先制。七回は森田の適時打で1点、八回には藤井の犠飛で加点した。荒井は右横手投げから100キロ前後のカーブを効果的に使って、的を絞らせなかった。7安...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ