明徳義塾が継投で逃げ切った。先発の林田は六回途中を4失点。2番手で救援した山田と九回から3番手で登板した新地が得点を許さなかった。打線は四回に奥野の適時三塁打などで2点を先制。六回には4点を加えた。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ