明豊は0―0の延長十一回2死満塁から、途中出場の後藤が中堅にサヨナラ打を放ち、試合に終止符を打った。投手陣は先発の寺迫が5回を3安打に抑えて試合をつくり、六回から若杉、十一回途中から大畑につなぎ、完...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ