智弁和歌山の池田陽が6安打2失点で完投した。疲れの見えた九回に2点を奪われたが、力のある直球にスライダーなど変化球をテンポよく投げ込んで打ち取った。打線も15安打と活発。一回は西川の二塁打で先制し、...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ