筑陽学園が粘り勝った。1―1の七回、中村の適時打で勝ち越し、八回には福岡の適時打で加点した。先発西は打たせて取る投球で五回途中まで1失点と踏ん張り、3番手の西舘が終盤のピンチをしのいだ。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ