市和歌山が逃げ切った。一回に緒方のソロ本塁打で先制。二回に壱岐の適時二塁打で2点を追加。四回にも3点を加えた。先発の柏山は130キロ台の直球と変化球をコースに投げ分けて、六回途中まで4安打2失点の好...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ