広陵は河野が散発の単打3本に抑えて完封した。力強い直球に変化球を織り交ぜ、的を絞らせず8奪三振。内野守備の乱れが重なった八回のピンチも球威で切り抜けた。逸機が続いた打線は五回、藤井と中冨の適時打で2...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ