筑陽学園が接戦を制した。二回一死から3連打で1点を先制。四回に1―2と逆転されたが、直後に追い付くと、七回二死から四球と暴投で走者を二塁に進めると、5番野田が中越えに適時二塁打を放った。先発の西は前...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ