盛岡大付が粘りを見せ、サヨナラ勝ちした。0―2の九回2死二、三塁から小川の2点右前打で同点。延長十一回1死満塁から、失策で試合を決めた。阿部は打たせて取る投球で11回2失点と好投し、逆転勝ちを呼び込...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ