習志野が快勝した。一回に相手の失策に乗じて根本の先制打、角田の3点三塁打など打者一巡の猛攻で一挙7点を奪った。先発の山内は切れのある直球を低めに集め、緩い変化球で緩急をつけ、八回途中まで5安打2失点...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ