市和歌山がサヨナラ勝ち。2―2の延長十一回2死二塁から、8番打者の片上が中前に殊勲打を放って試合を決めた。先発の岩本は緩急を駆使しながら七回途中まで無安打投球を展開し、2安打2失点で投げきった。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ