スポーツ庁の鈴木大地長官が4日、共同通信のインタビューに応じ、投手の投げ過ぎが指摘されている高校野球で、投球回数、球数に一定の制限を設けることが望ましいとの考えを示した。「若い人の障害予防の観点から...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ