日本高野連は30日、大阪市内で定例の審議委員会を開き、部員の頭を小突いた映像が公開された、選抜大会出場校の松山聖陵(愛媛)の監督について、処分を日本学生野球協会審査室に上申することを決めた。松山聖陵...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ