終盤に点を取り合い延長となった接戦を、花咲徳栄がしぶとくものにした。  6―6の延長十一回2死二、三塁で高井が右越え二塁打を放って2点を勝ち越し。暴投でもう1点加えた。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ