仙台育英が投手戦を制した。長谷川は腕をしっかり振り、打たせて取る投球で7安打完封。二回1死一、三塁から内野ゴロの間に挙げた1点を守り抜いた。バックも随所で好守を見せ、球際の強さを発揮した。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ