大阪桐蔭は徳山の粘り強い投球と堅い守りで競り勝った。徳山は12安打されながら、一、九回のピンチを併殺で切り抜けるなど1失点の完投。三回に左翼手が本塁返球で得点を阻むなどバックももり立てた。決勝点は七...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ