盛岡大付が逃げ切った。二回に林の適時打で先制すると、四回に暴投で1点。1点差に迫られた後の七回には林、大里の連続適時二塁打で加点した。先発三浦瑞は、毎回走者を背負いながらも6回1失点。七回からは平松...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ