済美は一回、ミスに付け込んで1点を先制し、四回に亀岡が左中間へソロ本塁打。七回には亀岡の2ランなどで一挙に5点を奪って突き放した。先発八塚は7回を1安打無失点と安定していた。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ