日本文理が序盤のリードを守って逃げ切った。一回に川村の2ランで先制し、二回は川村、松木の連続適時二塁打と笠原の2ランで一挙5点。八回にも2点加え、16安打で9点を挙げた。投げては四回途中から救援の稲...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ