打線の振りが鋭い花咲徳栄が圧倒した。一回1死三塁で西川が先制打を放ち、二回は2死一、三塁で千丸が右中間へ2点二塁打。三回まで9安打で4点を奪い、七回は打者一巡の猛攻で5点を加えた。先発の綱脇は堅守を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ