日本航空石川が終盤に4点差を逆転した。八回に原田の適時打で2―5とすると、九回は2死一、三塁から原田、上田の適時打など4連打で4点を奪った。土壇場で逆方向へのコンパクトな打撃が光った。2番手の杉本が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ