好機を確実にものにした前橋育英が12点を奪って圧勝した。1―0の三回に小池の2ランなど5長短打を集めて5点。六回には飯塚の3ランなどで4点を挙げて突き放し、七回には飯島のソロも出た。犠打や盗塁に効果...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ