盛岡大付は平松が緩急を生かした投球で1失点完投した。立ち上がりは制球に苦しみ、四死球と暴投などで先制を許したが、以降はテンポよく打ち取った。打線は同点の五回、暴投で勝ち越すと、2死一、二塁から比嘉の...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ