高校野球屈指の強打者、早実の清宮幸太郎内野手が21日、神宮球場で行われた全国選手権西東京大会5回戦の法政戦で高校通算106号本塁打を放ち、最多とされる記録まであと1本とした。早実は5―0で勝ち、25...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ