東京電力福島第1原発事故で生徒数が減少し、休校を余儀なくされた五つの高校の受け皿として、2015年に開校した福島県立ふたば未来学園高(広野町)が11日、全国高校野球選手権の福島県大会で初勝利を挙げた...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ