大阪桐蔭は徳山が7安打を許しながらも要所を締めて1失点完投した。内外角を突く投球がさえた。特に外角への直球、スライダーが低めに決まった。打線は六回に山田の適時打で先制。八回にも山田の適時二塁打で追加...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ