大阪桐蔭が逃げ切った。五回に泉口の適時三塁打で先制し、七回は4安打に足も絡めて2点。3―2の八回は福井の犠飛で突き放した。徳山が2失点で完投。切れのあるスライダーを決め球に10三振を奪った。東海大福...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ