大阪桐蔭が点の取り合いを制した。一回に6点を先制。2点を追う八回は、代打西島の適時三塁打などで3点を奪い逆転した。3番手の徳山が二回からロングリリーフ。八回からは遊撃手の根尾が救援し、逃げ切った。静...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ