互いに持ち味を発揮して譲らず、引き分け再試合となった。高崎健康福祉大高崎は得意の機動力を駆使した。1点を追う九回2死二、三塁から重盗を決めて追い付き、延長に持ち込んだ。強打が看板の福井工大福井は16...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ