互いに投手が譲らず、打線も決め手を欠いて、引き分け再試合となった。福岡大大濠は三浦が内角を突く直球に鋭いスライダーを織り交ぜ、15回を1人で投げ抜いた。打線は三回無死満塁で無得点だったが、八回に東の...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ