作新学院が投打で上回った。一回に中島の三塁打など4長短打を絡めて3点を先制。三、四回は連続適時打で2点ずつ加えて突き放した。先発の大関は直球、変化球ともに制球がよく、7回を単打のみの5安打にまとめた...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ