滋賀学園の棚原が14回2失点の完投で、東海大市原望洋の金久保との投手戦を制した。最後まで制球力が落ちず、リズム良く投げ続けた。打線は十四回無死一、二塁から失策で勝ち越すと、真藤からの4連打でさらに3...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ