前橋育英が下位打線で好機をものにした。二回、連打と犠打で1死二、三塁とし、7番田中の中前打で2点を先制。六回には1死二、三塁から8番小池の二塁打などで試合の流れを決める3点を追加した。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ