報徳学園が21安打で21点を奪い、大勝した。一回に片岡と神頭の適時打で2点を先制すると、三回には6長短打を集中させて8点。その後も打棒を緩めることはなかった。西垣は直球とスライダーのコンビネーション...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ