盛岡大付が打撃戦を逆転サヨナラ勝ちでものにした。1点を追う延長十回無死二、三塁から林が中前へ2点適時打を放った。3度リードされる展開ながら、打線は15安打し、四回途中から継投した平松も粘り強く投げた...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ