履正社が集中打で一気に突き放した。同点に追いつかれた直後の九回、2死二塁から溝辺の適時打で勝ち越したのが口火。続く安田から3連打するなど、継投策にも目先をかわされず、この回12人を送る攻撃で7点を奪...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ