秀岳館が六回に突き放した。二、三回に天本と松尾のソロ本塁打で先行。2―1で迎えた六回は、広部の二塁打を足場に相手の失策などに乗じて2点を加えた。投手陣は1安打投球だった川端を五回で降ろし、中井、有村...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ