鳴門が終盤に突き放した。同点の七回2死一、三塁から中山の適時打で勝ち越し、八回は日野の本塁打や手束の2点二塁打などで5点を奪った。投手陣は3人の継投で、最後は七回から救援のエース河野が苦しみながらも...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ