秀岳館が終盤に突き放した。2―1の八回は1死一、二塁で天本が適時打。九回は1死二塁から原田、松尾の連続適時打など長打を3本集めて3点を加えた。投手陣は左腕3人をつないで1失点で切り抜けた。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ