日南学園は1―3の五回に前田、益田の連続適時二塁打で追い付くと、六回に押し出し四球などで2点を勝ち越した。二回途中から登板した森山は、打たせて取る巧みな投球で反撃を1点に抑えた。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ