東邦が4点を追う九回、逆転サヨナラ勝ちした。2本の適時打で2点を返し、なお2死一、二塁から高木の二塁打で同点。続く鈴木理が左前へ決勝打を放った。一時は7点差をつけられながら、諦めずに追い掛けた粘りが...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ