常総学院は三回に同点に追い付くと、五回以降も犠打を絡めたそつのない攻めで着実に加点し、リードを広げた。先発左腕の鈴木昭は一回に2点の先行を許したが、中盤以降は制球も安定し、相手の反撃を七回の1点にと...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ