鳴門が九回に勝ち越し、接戦を制した。先頭の矢竹の二塁打をきっかけに2死満塁とチャンスを広げ、鎌田の右前適時打などで3点を奪った。エース河野は一回に2点の先行を許したが、中盤から立ち直り、完投した。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ