盛岡大付が中盤の猛打で逆転。4点を追う四回に植田のソロと比嘉、三浦の適時内野安打などで追い付き、五回は5長短打で4点を勝ち越した。1点差とされた直後の六回は塩谷の2ランなどで3点を加えた。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ