嘉手納が七回に打者12人の猛攻で逆転した。3本の内野安打で無死満塁とし、押し出し四球と知花の2点適時打で4―3。さらに幸地の走者一掃の二塁打などでこの回8点を奪った。先発仲地は五回まで3失点だったが...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ